現況測量

< 現況測量とは >

 

建物やブロック塀や擁壁、電柱や道路等、ライフラインの桝など現地に存在する構造物や既存境界標等を測り、対象土地の寸法・面積・高さを知りたいときに行う測量です。

市町村等道路管理者や隣接土地所有者との境界立会を行いませんので、スピーディかつ安価な料金でご提供できます。


※境界標や境界線については未確定となりますので、正確に隣地や接道等の境界をはっきりさせるには別途境界確定測量が必要となります。

戸建住宅用地測量

調査地の構造物、隣地の窓位置、全面道路が建築基準法の要件を満たしているかなど、位置や寸法を正確に計測します。

マンション・アパート・集合住宅用地測量

 

調査地の構造物、隣地の窓位置、全面道路が建築基準法の要件を満たしているかなど、位置や寸法を正確に計測します。

ご要望に応じて日影図の作成用に隣地建物の高さを計測します。

店舗・ホテル用地測量

調査地の構造物、隣地の窓位置、全面道路が建築基準法の要件を満たしているかなど、位置や寸法を正確に計測します。

またご要望に応じて日影図の作成用に隣地建物の高さ、全面道路の形状や高所の障害物などを計測し、完成建物の景観がイメージしやすい立面図などが作成しやすいデータを提供します。

改装工事用地測量

増設建物の設計には、既存の建物位置、柱の位置や大きさ、建物や屋根の高さなどが重要です。通常の現況測量に比べて詳細な図面を作成します。

大型造成用地測量

開発行為後の大型造成地の測量は、規模によって作業日数が変動します。

境界の位置は地積測量図とのズレを確認し、調査地内の凹凸やライフラインの位置を再確認する時に最適な測量です。

工場用地測量

既存建物の位置と高さ、周辺構造物を確認し、側溝や桝の位置なども図面化する事によって、新規建物の配置の確認がより最適に計画出来ます。

鉄塔用地・山林地形測量

携帯用や送電線などの鉄塔用地測量は平地に有るとは限りません。

高台や山中に有る場合が多いので、面積は大きくありませんが作業日数は長目になることがあります。

メガソーラー地形測量

平坦な土地以外にも起伏の激しい土地や山中など主に大規模な土地を測量します。

左写真の土地面積は1.3haですが、作業時間は1日で完了しました。